OZ

Oz

2015/09/07 Mon

[ALL]

OPEN: 22:00

CHARGE: 1000YEN

Guest DJ :
Cedric Woo (London,UK / Beauty and the Beat / Voices / Deep Frequency)
Ryota O.P.P (Meda Fury / Future Life / Elements / Vacation with O.P.P)

VJ :
de-sheevo

DJ :
jitsumitsu
teku (ROUTE16)

FOOD :
BANANATICOCO

Cedric Woo (London,UK / Beauty and the Beat / Voices / Deep Frequency)

Cedric Woo (London,UK / Beauty and the Beat / Voices / Deep Frequency)

フランス出身、現在ロンドン在住のCedric Wooの音楽キャリアは90年代半ばに大学のキャンパス・ラジオから始まる。
プロとして地元で活動する一方、その後移住したニューヨークで現在のDJ/クラブ文化の礎を築いたDavid Mancuso氏と個人的な友好を深めながらより深い音楽知識と音響機器に目覚める。
2000年にロンドンに移住後は仲間達と持ち込んだヴィンテージ・アナログ機器を装備した彼のパーティ、VoicesやBeauty & The Beatを徐々にスタート。その唯一無二な音響体験とCedric Wooの幅広く熟練した選曲からロンドンのコアなレコード/オーディオ・マニア達やパーティ・アニマル達の間では”知る人ぞ知る”伝説的なアンダーグラウンドパーティとして有名になる。
2005年にはシアトルでのRed Bull Music Academyに参加し、DJとして引き続きモスクワやパリを始めとした世界的な活動を展開。彼のトレードマークでもある3時間以上に及ぶロングセットはジャンルやBPMを超越し、時間と空間を超越した壮大な旅へと誘う。

Ryota O.P.P (Meda Fury / Future Life / Elements / Vacation with O.P.P)

Ryota O.P.P (Meda Fury / Future Life / Elements / Vacation with O.P.P)

新居 了太ことO.P.Pは1999年にDJ/organizerとして徳島にてそのキャリアをスタートする。
高いオリジナリティーを求めて上京後も様々な都道府県、ロンドンやロス、オーストラリアにインドネシア、そしてタイなど海外のパーティーでも活躍してきた。
現在DJ/オーガナイザー/プロデューサーとして東京を拠点に活躍する傍ら、2011年に自らのレーベルFuture Lifeを立ち上げリリースした1stアルバム「Unknown Place」に続く作品のリリースを目論む。
2015年にはR&Sを母体とするUKレーベルMeda Furyから初となる12inchをRyota O.P.P名義でリリース。
1st Album「Unknown Place」のトリビュートとして発表されたこの作品は、発売開始より主に海外のDJ、レコードショップなどのチャートに選ばれ、国内外問わず反響を呼んだ。

jitsumitsu (INAZUMA / Oz)

jitsumitsu (INAZUMA / Oz)

1986年製岡山県産。
情報量の少ない土地柄ながらも、地元のCDレンタルショップに通いつめ音楽にのめり込み、気がつけば部屋にレコードの山ができる。
そのため高校時代はガールハントよりもレコード収集とスケボーに熱中し、進学を機に上京。日本大学DJ学部に入学し、本格的にDJを開始する。
当初はレゲエ、ヒップホップを軸に選曲していたが、現場で数々のDJに刺激を受け、次第にダンスミュージック全般に傾倒。
ディスコ、ハウス、テクノまで雑食かつONE AND ONLYなDJを強く意識するようになる。
2010年以降はシスコ坂にあるレコード店に勤務するかたわら、都内始め月10本以上のオファーをこなし腕と耳を研ぎ澄ます。
結果、雰囲気作りが重要な早い時間帯からメインのアッパーな時間、朝方のチルやドープな時間帯など、どの時間にも対応できるユーティリティーDJとして成長&活躍。
現在は更なる高みを目指して、国内外老若男女幅広い対応を求められる青山ORTHで「INAZUMA」。
ハイクオリティなハイファイサウンドで耳を洗練すべく八王子SHeLTeR、「Oz」でレギュラーを持ち次世代を担うべく虎視眈々と考えるより感じるDJを志し活動中。
https://mixcloud.com/jitsumitsu/

de-sheevo (VIDEOGRAM)

de-sheevo (VIDEOGRAM)

創設メンバーであるQ-saku、tar-lee、new-irusの3人により2002年結成。
2009年よりQ-sakuを主宰としたVJプロジェクトとして新たなスタートを切る。 オリジナル作品と独自の感性でセレクトされた映像によるエモーショナルなVjプレイはジャンルを問わず各方面で大きな支持を受ける。 2010年にはあらゆるメディアコンテンツ制作を手がけるクリエイティブ集団、株式会社de-sheevo設立。 2011年よりVJ主催によるイベント【VIDEOGRAM】をスタートさせ、同名義にてTajif、RTRと共にビデオマッピングを駆使したVJチームを結成。
創設メンバーのyu ilsoo(new-irus)のサウンドシステムを取り込んだLIVESETなど、VJの枠に留まることのない幅広い映像表現に挑み続けている。

PICK UP