WHOLE LOTTA SHAKIN’ GOIN’ ON

WHOLE LOTTA SHAKIN’ GOIN’ ON

2017/04/22 Sat

[DANCE]

OPEN : 22:00

CHARGE : 2000 / 1D

小林径
森田潤
SEI
Chee Shimizu
MOROI

小林径

小林径

クラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人。90年代は初期レアグルーヴのオリジネーターとして活躍。また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。
2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。
またGiles PeatersonのWORLDWIDEで特集も組まれるなど、高い評価を受ける。しかしここ数年、音楽愛好家の為の音楽を模索している小林径のDOPEでILLな新境地が、早くもコアな音楽マニアの間で評判になっている。
この春には最近の集大成とも言うべきCD「Whole lotta shakin go in on」が4月22日に発売され、各所で絶賛されている。

森田潤 Jun Morita (もりた・じゅん)

森田潤 Jun Morita (もりた・じゅん)

モジュラー・シンセの自動演奏に即興を組み合わせたパフォーマンスでライブ活動中。
ソロ・アルバム "LʼARTE DEI RUMORI DI MORTE"をɸononを2018年に発売。コンピレーションCD”Mutually Exclusive Music: Modular Synthesis Roundup” をプロデュース。DJとしてワールド・ミュージック、ジャズ、エレクトリック・サウンドなどに幅広くコミットし、クラブやホテルでプレイするほか海外にも遠征。ノアミュージックスクールのDJ講師も務める。クラブ・ジャズ系”afrontier”、ワールド・ミュージック系”Séduction Tropicale”、エクスペリメンタル系"‪WHOLE LOTTA SHAKIN’ GOIN’ ON‬”、ハウス系”Perfect Love Affair”等、多くのイベントにレギュラー参加。blackmadras名義で楽曲製作も行い、OMAGATOKIやVillage Musicからリミックス作品も発表。バンド形態のOmega f2;kは13年にポニーキャニオンよりデビュー曲をドロップ。DVD作品"THE DECLINE OF THE ORGY”を発表。また、レア・ヴァイナル復刻のマスタリング・エンジニアとしても評価され、ホセー・アントニオ・メンデス等の再発盤がベスト・セラーになっている。2018年には芥正彦企画/演出によるノイズ・オペラ「カスパー」の音楽をEP-4佐藤薫と共に担当。
Profile : http://www.slogan.co.jp/portfolio/junmorita/

SEI (bar bonobo)

SEI (bar bonobo)

フリースタイルの彼方には神秘体験が待ってくれているのか?
神宮前bar bonobo店主
http://bonobo.jp

Chee Shimizu (Organic Music / Discossession)

Chee Shimizu (Organic Music / Discossession)

オンライン・レコード・ショップORGANIC MUSICオーナー。フリーランスのグラフィック・デザイナーとしても活動するかたわら、2004年にDr. Nishimuraとともにパーティ< DISCOSSESSION >を始動。現行のビート・ダウンの礎となるコズミック・ディスコをいち早く日本に持ち込むなど、風変わりな活動で一部のフリークから注目を集める。その後、ギタリストのZecky(2012年に他界)とスコットランド人クリエイターのJonny Nash(現Land of Light、Music as Truth主宰)が加入したことで、マルチ・プロダクション・チームへと進化し、Crue-L Recordsより楽曲をリリース。Naum Gabo、Beppe Lodaなどのリミクスも手掛けている。並行して2007年よりDJ Moroiとともにパーティ<SCI-FI>を八王子SHeLTeRで始動し、ダンス・ミュージックの概念を完全に取り払った新たな表現を模索、実験的な音楽活動に取り組んでいる。以降現在に至るまで、国内外問わずダンス・フロアからラウンジまで全方向型多角的フリースタイルDJを継続中。

http://organicmusic.jp/

Moroi

Moroi

PICK UP