ONE STEP AHEAD

2018/03/31 Sat

[SOUL / DISCO / REGGAE / etc...]

OPEN : 22:00

CHARGE : 2000 / 1D

MUSIC :
MASATO KOMATSU (SLOWLY)
RYO KAWAHARA (Cheek Cheek Cheek)
NAO (STILL)
KATSUMI MORI (SHeLTeR)
ITO (WARM UP)

Masato Komatsu (Slowly)

Masato Komatsu (Slowly)

DJ/Producerとし活動しているMasato Komatsuのソロユニットとして、2002年に音楽制作のキャリアをスタートし、
以降様々なProduceやRemixを手掛ける。2006年にデビューアルバム「Universal Thing」をFlower Recordsよりリリース。先行シングル「Caveman Boogie」はGilles PetersonらのトップDJらがプレイし、ヨーロッパを中心に世界のクラブシーンで話題をさらう。
2014年、先のアルバム「Universal Thing」に収録された楽曲「Mariwana」にリズムリアレンジを施して7インチ・アナログでリリース。即完売となり話題となる。
更に2018年春には、eicoの「夢先案内人」を2018リミックスとして発表し、好セールスを記録。
そして新たに同レーベルの盟友Ryo Kawaharaとタッグを組み満を持して発表された12年振りの新曲「The Right Way」は、リリース間もなく各主要店舗でソールドアウトを記録、国内外のDJ、クラブ、レコードヘッズたちに熱烈な支持を受けている。
自身のルーツであるレゲエを軸としながら、様々なジャンルを混ぜ合わせた折衷的な
サウンドメイキングには定評がある。
http://www.myspace.com/slowlymasatokomatsu
http://www.flower-r.com/slowly/index.html

Ryo Kawahara

Ryo Kawahara

Dj/Compose/Arrangement
2008年「Ryo Kawahara E.P.」でFlowerRecordsからデビュー。2nd single「Under The New Era」が須永辰緒「World Standard.08」に収録される。その後、Sonar Kollektivなどで活躍するシンガーGeorg Levinをフィーチャーした「Gotta Give It All」をリリースし海外からの評価を得て、英国Atjazz Record Companyより「I fotgot you feat Clyde / Ryo Kawahara Remixes」を続けてリリースする。世界を標準としたストイックで緻密なプロダクションには定評がある。また、shibuya club BALLにてsoul,disco,houseを中心としたパーティー”cheek cheek cheek”を主宰。DJ/制作共に幅広いジャンルで、マルチな才能を発揮している。

NAOYUKI

NAOYUKI

八王子で90年続く和菓子屋、稲毛屋の次男坊として生まれる。
幼少の頃から甘味を叩き込まれながらもDJスタイルは激辛系。
Reggae、Dub、Abstract~HOUSE、ときにAmbientやLoungeとオールラウンドにプレイするMusic Junkey。
SHeLTeRでは、一万尺、STEELにてプレイ。

ONE STEP AHEAD

ONE STEP AHEAD

PICK UP